お客さんを呼び込む効果的な方法

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

今では新型コロナウイルスが広がりを見せていますし、お店はお客さんにどうやって来てもらうべきかを考えなくてはなりません。無人でありながらも集客率をアップする効果的な方法があります。


それがのぼり旗です。昔から今までも多くのお店が使っているのぼり旗は、デパートの呼び込みにも最適なアイテムだと言っても過言ではありません。

店頭での呼び込み


特に今は店員が店頭に出て近くを歩いている人に大声で呼びかけられる状況にありません。飛沫感染の恐れもありますので、人の力を借りなくてものぼり旗を店頭に置いておくだけで、ものすごく存在感がアップします。


これなら新型コロナウイルス対策にもつながりますし、むしろ今の時代はこちらの方がお客さんが来店しやすいのかもしれません。

 

1本だけでも効果が期待できますが、何本も置いておくとより一層目立ちますので、近くを歩く人の目に止まりやすくなります。ですので、できればのぼり旗をたくさん置いてみてください。デパートが広いのであれば多めに等間隔で並べると良いかもしれません。


目立つことで、一人でも多くの街行く人に来てもらえる可能性が高くなるので、まだ使っていないのであれば早速使ってみませんか。

店員を使わないから人件費もかからない

のぼり旗のメリットは単に目立つだけではありません。もちろん、宣伝をするためには目立った方がいいのですが、それだけではなく店員を使わなくて済みますので、その分の人件費削減ができます。

人件費削減


人件費が高くなると経営を圧迫してしまいます。店員がいなくても十分に案内をすることができますので、のぼり旗を効果的に使ってみませんか。


催事を催しているのであれば、イベント内容などを記載してアピールするのも方法です。特に、人気のある催事を行なっているのであれば文字だけではなく写真なども書くとより一層集客力がアップするでしょう。

 

オーダーメイドでも既製品でもどちらであっても人を雇うよりも安くなります。人件費は、どこでも頭を悩ませる種と言っても良いのかもしれません。のぼり旗に宣伝を任せてみると良いのではないでしょうか。

 

コロナ禍と言うことも含めて考えると、のぼり旗をうまく使ってより多くのお客さんを集めた方が良いです。もちろん、コロナ禍ではなかったとしても人件費削減できますので有効活用してみてください。


催事ごとに新しいのぼり旗を作ったとしても、人件費よりも安く済むはずです。その分、店員を違うところに配置するなどしてサービスを向上させるのも良いでしょう。